医療脱毛は痛いけれど永久脱毛

病院で男性のひげ脱毛を受ける最大のメリットは、医師のカウセリングの元で肌質や毛質に合った施術でケアを受けることが出来る点にあります。

医療機関では医療脱毛を行う場合、体の部位によって使用する医療機器を使い分けており、男性の場合、女性に比べて毛質が太くしっかりしている特徴を持っているので、太い毛をきちんと脱毛することが出来る医療レーザー脱毛やニードル脱毛を利用して施術を行っていきます。

一般的にメンズ脱毛サロンや脱毛サロンといった美容施設でケアを受ける場合、メンズ脱毛サロンは医療機関ではないので医療レーザーといった機器は使用することが出来ません

そのためメンズ脱毛サロンでは主にブラジリアンワックスを利用して脱毛を行ったり、フラッシュ脱毛器を利用して施術を行います。

特にフラッシュ脱毛は照射時に強い痛みを感じることなくケアを受けることが出来るメリットがある反面、照射威力はレーザー脱毛に比べて劣るため、永久脱毛を希望している方にとっては物足りない効果となってしまいます。

医療機関で受けられるレーザー脱毛は、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応して、レーザーが反応しピンポイントで照射される仕組みを利用しています。

ムダ毛の元となる毛乳頭を直接ダメージを与えることが可能なので、一度のお手入れでもムダ毛が自然に抜けるといった高い脱毛効果が実感出来ます。

ただ照射威力が高いことから、照射時に強い痛みを感じてしまう点が大きなデメリットとされてきました。

しかし近年使用されている最新鋭のレーザー脱毛器は、レーザー照射を行う際に皮膚を瞬間的に冷却することで、熱さや痛みを緩和させることが可能になっています

また事前にカウンセリングを行い、肌へのトラブルがないか確認するためにも照射テストを行っているので、肌へのリスクは最小限に抑えることが出来ます。

万が一肌トラブルが起こってしまっても、すぐに医師が適切な処置を行うので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です